#種苗法改正案に抗議します
雄性不稔を使ったF1の技術はアメリカでできたもので、それがいま世界標準になっています。 …日本独特のF1技術というのが自家不和合性というもので、これを日本で採種していたときはよかったんだけど、タネ取りをする農家がいなくなって、F1の需要が増えて、それだけの量を日本で生産するにはコストが見合わなくなった。 だから父親と母親のタネの原種を渡して、採種をほとんど海外に任せるようになった。 …どんどん「雄性不稔」というオシベを持たない異常な株を利用して作られたタネが増えて、花粉ができない、子孫ができない、そういう野菜が増え続けていて、これが危険なのではないかと訴えている、危惧しているんです。 …つまり子孫を残せない野菜ばかりを食べてるんです、私たちは。 …タネを採る人がいなくなったから、タネもなくなってきているんです。タネは採るものじゃなくて買うものだという時代になってしまったから。 …これは人間にも起こりうる話で、精子の数というのは1940年代に最初の統計があるのですが、この時期に人間の精子1cc(ml)あたり平均1億5000万いたそうです。しかし、いまは4000万、しかも年々減り続けています。
『タネが危ない!わたしたちは「子孫を残せない野菜」を食べている。~野口のタネ店主 野口勲さん』より

  1. 無料占い 占いPR
  2. (良い意味での)人たらし占い

(良い意味での)人たらし占い

あなたの(良い意味での)
人たらし度を占います。
生年月日を選んで
「占う」ボタンをクリックしてね!


 

生年月日をお使いのブラウザに記録しますか?

  • 生年月日を記録すると、毎回生年月日を選択する必要がなくなります。
  • 現在お使いのブラウザでのみ有効です。
  • 「記録する」を選択されても、現在お使いの端末のブラウザに記録されるだけで、占いPRにデータが保存されるわけではございません。
スポンサーリンク

2020年は気まぐれ更新

(良い意味での)人たらし占いについて

あなたは(良い意味での)人たらし?

関連占いタグ: 性格分析 生年月日で占う 辛口

占いをシェア

占う方法で探す

願望で探す

目的で探す

2020年の運勢(今年の運勢)をもっと占う

その他のコラム・無料占いピックアップへ

その他の占いPRからのお知らせへ