1. 無料占い 占いPR
  2. 誕生日占い
  3. 占い結果

誕生日占い

占い結果

誕生日占い

4月3日生まれの人

とても明るくキラキラしていて、友情に厚く、芸術的なセンスがあります。向上心が強く、みんなに好かれ、ユーモアのセンスがあって楽しい会話ができます。

物凄い負けず嫌いで周りを疲れさせたり、人の上に立とうとしてトラブルを起こしやすいところや、自己主張が強過ぎるところがちょっと心配ではありますが、話し上手で、空気を和ませるムードメーカーです。

一人で過ごす時間を大切にすることが幸せへの鍵となりそうです。

2020年は今まで努力してきたことが実るかも。

スポンサーリンク
関連占いタグ: 性格分析 今年の運勢

占いをシェア

スポンサーリンク

『戦争を作りだすステップは〈凶悪な敵〉〈被害者意識〉〈愛国心〉の3つ』なのだそうです(参考:『社会の真実の見つけかた』)。 同時に、戦争になったら誰が喜ぶのか等も冷静に考えていかないといけないのかと。 日米FTAが締結されても、アメリカでもほんの一部の人にしかメリットはないようです。また、アメリカの軍に入る人、前線で戦う人は貧困層の若者が多く、家族のため、大学に行くため、夢を叶えるためと勧誘され、志願するのだそうです。しかし、帰還しても仕事にも就けず、PTSDなどに苦しむ人も多く、結局貧困からも抜け出せない人が多いのだそうです。
マイケル・ムーア監督が緊急に公開したPodcast(訳はスレッドで)。 これまでアメリカがどれほどイラン・イラクの人々に苦しみをもたらしてきたのか、アメリカが今回の暗殺についてプロパガンダを始める前にと、特に若い人たちに向けて話しています。

日米FTAに関する動画・記事

動画で協定の概要が説明されています。
自分には関係が無いと思われている方もいるかもしれませんが、全ての人に関係があることだと思います。
金融危機が近いと言われている方も多いです。会社法改正も進められています。
また、農作物等に比べてあまり焦点が当たっていないですが、デジタル貿易協定についても懸念する声が上がっています。 とにかく全てにおいて、マスコミがちゃんと報道せず、しかもいろいろ急ぎ過ぎに思える点も心配です。
関係無いと思っている方も、どうぞ興味を持ってください。大袈裟ではなく、私たちの未来がかかっています。

主権蹂躙も甚だしい日米FTA 国会承認急ぐ政府が明らかにしない協定の内実
『日米貿易交渉はアメリカの多国籍企業が日本国内で我が物顔に利潤追求をおこなうために、日本の国内法でさえも変えてしまおうというもので、主権の蹂躙も甚だしいということが一目瞭然だ。』
『今回の2項目についての協定をトランプのいうままに審議もなしに国会で承認させることは、来年の第2段階での交渉でも進んで屈服することを約束するようなものである。国を売り飛ばしにかかっている安倍政府を、国民的な運動で縛りつける必要がある。』

日米FTAの第一弾である日米貿易協定に関する動画・記事

競争が無いと進歩しないという意見があるかと思いますが、本当に競争をさせたいのであれば、お互いにより良い物を作って競い合うべきだと思います。 米国では買う人がいないために余ったもの、危険性があると言われ、海外では輸入禁止になっているものをわざわざ買って、表示もうやむやにして安価で流通させようと考えるなんて、異常だし、十分な説明をすることなく、わざわざ命が危険にさらされることを分かっていて協定を結ぶこと、理解に苦しみます。

ちなみに、遺伝子組み換え食品を作っている会社の社員食堂では、遺伝子組み換え食品は使わないのだそうです。

食の安全保障を放棄する日米FTA 東京大学教授・鈴木宣弘
『なぜ小麦だけは遺伝子組み換えにしていないのか? それは「大豆やトウモロコシは日本人とメキシコ人と家畜が食べるものだが、小麦は直接米国人がたくさん食べるからとりあえずやらない」というのが米農務省幹部の説明だ。』
『日本は米国の穀物の世界一の消費国だ。米国では小麦もトウモロコシも大豆もすべてグリホサートを直接かけている。遺伝子組み換えへの不安に加えて発がん性のある除草剤の残留した穀物を日本人が世界で一番食べているという深刻な問題がある。』

BSE規制 成長ホルモン 二重に不安な米国産牛肉
『牛丼、豚丼が安くなって良かったと言っているうちに、気がついたら乳がん、前立腺がんが何倍にも増えて、国産の安全・安心な食料を食べたいと気づいたときに自給率が1割になっていたら、もう選ぶことさえできない。今はもう、その瀬戸際まで来ていることを認識しなければいけない。』

EUなぜ米国産牛肉の輸入禁止
『米国産牛肉の安全性の問題は、日本ではほとんど報じられていないが、実は、EUは1989年から米国産牛肉の輸入を原則禁止している。 食の安全を重視するEUが問題視しているのは、米国の畜産農家が肉牛や乳牛の成長を早めるために人工ホルモン剤を投与している点だ。』

米国産牛肉、「肥育ホルモン」の衝撃的な実態
『牛肉や豚肉などにもオーガニックを求める人が増えてきています。彼らが気にしているのは肥育ホルモンの影響なんです。ローカルニュースを見ていると、まだ幼い女子が早すぎる初潮を迎えたり、男子なのに乳房が膨らんできてしまう報道が出るんですね。これは肥育ホルモン剤の残留に起因するのではないかと不安視する人も多いんです。』

ゲノム食品解禁、笑うのは米企業?
『米国の種子開発大手コルテバ・アグリサイエンスが、同社のゲノム編集トウモロコシを年内にも厚労省に届け出る見通しだ。このトウモロコシは菓子など加工食品の原料になるため、コルテバが届け出ても、店頭ではどの加工食品にそのトウモロコシが入っているのか、消費者はおそらく知らされない。』

遺伝子組換え食品から子どもを守る! 全米各地で動き出したママたち
『アメリカでは、遺伝子組換えでなくても小麦や大豆の収穫時に乾燥を早めるためにグリホサートが使われています。また、抗菌剤としても登録されており、腸の中の善玉菌を殺し、サルモネラ菌や大腸菌といった悪い菌が増殖するといわれます。摂取した栄養素を固定して不活性化してしまうので、体内に必要な栄養素を取り込めなくなるほか、発がんとの因果関係が指摘されています。米国の環境保護局(EPA)の資料でも、内分泌のかく乱を引き起こし、生殖に直接かかわる影響もあるとされているのです。』
日本でもモンサントを訴えよう

安倍政権がゴリ押し発効「日米貿易協定」はインチキまみれ
『自動車が含まれなければ、米国側の関税撤廃率は51%に過ぎず、これはWTO違反で、世界の貿易秩序を壊しかねない。それなのに、英文の関連文書についてウソの説明をし、外交上の配慮を理由に議事録も出さず、わずか14時間の審議でデタラメ協定が衆院を通過してしまう。』
『米ブルームバーグ社も「Japan’s Abe axes cherry blossom in bid for U.S. trade pact.(日本のアベは米国との貿易協定のために桜の木を切り倒した)」と報じた。』

種子法に関する動画・記事

',
',
',

「種子法廃止は違憲」農家ら1300人らが提訴 東京地裁
『国会では種子法復活法案が継続審議になっているが、与党の抵抗で成立の見通しは立っていない。川田氏は「国会議員の中に、種子法廃止の問題を知って驚く人がいた。まだ、中身があまり知られていない。法律を復活させていくためにも、争うことで事実が明らかになればと思う」と裁判の行方に期待を寄せる。』

種子法廃止や種苗法改定に潜む危険 外資が種子独占し農業を支配する構造
『アメリカでは2011年に「食品安全近代化法」が成立した。これは、国民が自分で野菜を栽培することを禁止するものだ。これまで自由だった家庭菜園をとり締まり、個人が種苗を持つことを禁止、政府が認める種苗だけ公認機関から買うことができる。家庭菜園でつくった野菜を直売所で販売すると逮捕・投獄する権利が認められ、連邦政府の規則に違反して有機製品を輸送すると犯罪者となる。種子の貯蔵も犯罪になる。』

農水省は、やはり巨大種子企業の出先機関なのか?~自家増殖採種禁止へ向けて、種苗法改定案を来年の通常国会に提出する政府
『現在の種苗法では、登録品種であっても自家増殖は原則自由となっています。しかし”自家増殖一律禁止”となると、今まで自由に自家増殖してきた農家にとって大打撃となります。』
『山田氏が「9/30にゲノム編集の種を有機として認証するかどうかの検討会議があったというが知っているか?」と尋ねました。かれらは「知らない」といいます。』

デジタル貿易協定に関する動画・記事

アメリカに押し切られたデジタル貿易協定
『言論の自由を守ろうとしたことが、インターネット上の訴訟からまだ成長途上にあったフェイスブック、ツイッター、グーグル、アマゾンなどを保護することにつながる。ところが、これらの会社が提供するサービスへの「不干渉主義」が問題解決を難しくする事態も起きている。』

日米貿易協定及びデジタル貿易協定の承認案の衆議院採決に抗議する(談話)
『今回のデジタル貿易協定案は、22項目の要求の先取りであることに加え、TPPにもなく、EUが反対しているものの、USMCAに盛り込まれた「コンピューターを利用した双方向サービス」条項が盛り込まれるなど、個人情報の保護や日本企業の利益よりアメリカのIT関連企業を守るものとなっていることから認めることはできない。』

私たちが今できること

マスコミも報道しませんが、信じられないようなことが起こっています。 日米貿易協定は結ばれてしまい、2020年1月1日に発効されます。 非常に不平等でWTO違反とも言われ、また、日本国民が肥育ホルモンで育てられた牛肉や遺伝子組み換え作物を食べようが全然OKというこの協定に賛成したのは、自民党、公明党、日本維新の会です。 隠すように進められ、桜を見る会や芸能人のスキャンダルでほとんど報道もされませんでした。この第二弾と言われる日米FTAが来年締結されてしまえば、本当に恐ろしいことになる可能性が高いのです。 一度締結されてしまえば、その後は言いなりになるしかなくなるのです。締結前に止めなければいけません。 今私たちができることは、FAX、電話、メール、デモに参加する、署名する、周囲に広めることです。 マスコミがちゃんと報道しないので、まだ知らない人がたくさんいます。 これだけ大きなこと、マスコミが報道しないのも異常です。

興味が無いという人がいるかもしれませんが、まず、自分の国で起こっていることですし、関心を持ってほしいです。私たちの気づかないところで、重要なことがどんどん悪い方向に進められています。 それぞれ自分ができることを探して、行動していきましょう。

政党や議員、マスコミへの電話やFAX、メールなど、また、周りの人へ、2019年のアドベントカレンダーで紹介した動画やサイトを広めてください。このページやこのサイトを拡散する必要はありません。 ご自分でも調べてみて、他に、伝わりやすいページがあればそちらを、自分が問題だとか不安だとか思うことなど、周囲に伝えてください。 家族や友達や学校、職場で会う人に伝えてください。 ブログやnoteを書ける方は、書いてください。動画作られる方は動画で伝えてください。非暴力・不服従の心で。

とても腹が立つし、理不尽だと思う方も多いと思いますが、まずは心を落ち着けてから。 朝晩、5分だけでも、目を瞑って呼吸に集中したり瞑想したりする時間を作ると良さそうです。時間の無い方は、気づいた時に都度、大きく深呼吸されてみてください。 心配し過ぎても心にゴミが溜まるだけなので、出来事は出来事として、情報は情報として認識してそれを踏まえた上で、できるだけクリアな頭と心で、一喜一憂せず何ができるか考えて、前向きに毎日やっていきましょう。

「最大の悲劇は、悪人の圧制や残酷さではなく、善人の沈黙である」
キング牧師

「重要なのは行為そのものであって、結果ではない。 行為が実を結ぶかどうかは、自分の力でどうなるものではなく、生きているうちにわかるとも限らない。 だが、正しいと信ずることを行いなさい。 結果がどう出るにせよ、何もしなければ何の結果もないのだ。」
マハトマ・ガンジー

要望・抗議を送る際の際の注意点

一部、情報を記載してくださっている方のTwitterの呟きにリンクしています。

署名

電話・FAX番号

お問い合わせフォームへのリンク

占う方法で探す

願望で探す

目的で探す

ミートフリーマンデー/週に1日、ベジタリアンになってみませんか?

週1ベジタリアン占い

週1ベジタリアン占い

あなたが週1ベジタリアンになる理由は?

今日の運勢をもっと見る

その他のコラム・無料占いピックアップへ

その他の占いPRからのお知らせへ